1995 グアム・パラオ・サイパン

清水 彰夫(JA3JM/AA5K)

 1995年2月13日から21日にかけて
グアム・パラオ・サイパンに旅行し、それぞれ
AA5K/AH2・KC6AS・AA5K/AH0
で運用いたしました。
 グアムは最も近いアメリカと言われており、
皆様方も訪れる機会があるかと思います。
また、グアムやサイパンは相互運用協定で
日本の免許に基づいて運用許可が得られますので、
海外からの運用を
ぜひ体験していただきたいと思います。
その時の状況などをお知らせいたします。

1995 グアム・パラオ・サイパン の行程


ノースウエスト航空
http://www.nwa.com/

ノースウエスト航空

コンチネンタル航空
http://www.continental.com/

コンチネンタル航空


グアムの概略地図


 
Date Leave Flight Arrive Stay
2 13 Mo NGO 1230 NW 58 1700 GUM AA5K/AH2

Hotel Sunroute Guam Ocean-View
Tel: 671-649-9670
Fax: 671-649-0526
2 14 Tu      
2 15 We      
2 16 Th      
2 17 Fr GUM 0750 CO 951 0945 ROR  



Hotel Sunroute Guam Ocean-View


ベランダに上げたアンテナ


AA5K/AH2 のシャック



眼下にホテル群が見下ろせる


ホテル群の向こうに沈む夕日


 

 

1995 グアム・パラオ・サイパン (1)

NEXT    目次

旅行の準備
グアム第1日目
 

●旅行の準備

 1993年から94年にかけてサモア方面へ行き、アマチュア無線を運用しましたが(運用記は1993 南太平洋 Island Hopping)、その時のQSLカ−ドの請求も少なくなってきて「またどこかへ行きたいなぁ」と思っているところに、グアムへ行こうという話が起こったのである。
 というのも、この時に利用したノ−スウエスト航空の World-Parksというマイレ−ジ・サ−ビスで20000マイルを達成し、アジア地域への無料往復チケットが手に入ったのである。ついでにパラオかサイパンにも行ってアマチュア無線を運用しよう、と計画を練ることにする。
 パラオの免許を申請したのが昨年の暮れ。早くても免許がくるのに一ヵ月はかかりそうなので、間に合わないときはサイパンへ行くことにする。ノ−スウエスト航空は大阪からはグアムへの便がなく、名古屋からになる。仕事のやりくりをつけて、2月13日に出発、2月22日に帰国というスケジュールを組み、ノースウエスト航空に予約を入れる。帰りの22日の便はOKであるが、13日の行きの便はすでに満席で15日しか取れないとのこと。とりあえず15日の便をおさえておき、13日の便はキャンセル待ちとする。
 ホテルはアマチュア無線の運用をOKしてくれると聞いている、ホテル・サンルート・グアムに宿泊の予約と運用許可を得るべくFAXを入れる。
 1月20日を過ぎてしまったので、早くスケジュールを確定したいところである。仕事の都合で2月21日には帰国しなければならなくなったし、パラオに免許がどうなっているか、問い合わせのFAXを入れたりしたが、何の返事もないので、パラオをあきらめてサイパンへ行くことにする。サイパンのホテルは以前に滞在し、アマチュア無線を運用したことがあるチャランカノア・ビーチクラブに予約のFAXを入れる。 ノースウエスト航空から希望していた2月13日の便が取れた旨の連絡が入ったので、ついでに帰りの便の変更とグアムからサイパンへのコンチネンタル航空のチケットの手配を依頼する。21日は火曜日でグアムから名古屋への便がなく、サイパンから東京への便となる。これで全スケジュールが確定したので、運用スケジュールをDX誌などにFAXを入れる。
 ところが、出発まであと一週間という2月6日になってパラオの免許が到着した。コールサインはKC6AS、イニシャルのサフィックス(AS)である。
やはり当初計画したところへ行きたいものである。早速、OAGでフライトを調べてみる。2月20日、月曜日の深夜の到着になるがパラオからサイパンへの便がある。サイパンでの滞在が半日程になるが、21日帰国の便に間に合う。
 翌日コンチネンタル航空に予約の電話をいれる。希望の便に空席はあるが、チケットがノースウエスト航空の発行になっているため、変更はノースウエストからでないとダメとのこと。ノースウエスト航空に電話をいれ、変更を依頼する。
 パラオのホテルはアマチュア無線の運用が可能と聞いているニュー・コロール・ホテルへ予約の電話をいれる。希望の日程で部屋の予約ができ、アマチュア無線の運用についても快くOKしてくれた。
 グアム・パラオ・サイパンの航空運賃が余計にかかることになるが、パラオでの滞在費が安くなりそうなので、経費としてはグアムとサイパンのときとほとんど変わらないようである。
 変更したスケジュールが確定したのが2月9日。連絡が可能なところだけにスケジュールの変更のFAXをいれる。
 持って行く設備は前回とほとんど同じ。それに、屋上が使えないときにバルコニーからアンテナを上げられるように、5mのグラス・ファイバーのポールを追加した。また、できるだけ荷物を軽くしようと、必要最小限のものに絞ったが、総重量は60kgを越えてしまった。
 2月13日8時ごろ家をでる。大きな荷物はポーターサービスで名古屋空港へ送ってあるので、リュック一つで身軽である。新幹線、空港バスを乗り継いで10時半ごろ空港に到着する。到着したのがチェックイン・カウンターのすぐ前で都合がよいが託送した荷物の受取場所が到着ロビーの方でかなり離れている。この辺は少し考えてほしいものである。
 セキュリティ・チェック、チェックインも無事終わり、出発ロビーで時間をつぶす。しばらくして搭乗案内があり、NW58便は定刻に一路グアムへと飛び立った。
 

旅行の準備
グアム第1日目
 

●グアム第1日目

 3時間半ほどの快適な飛行の後、グアム空港に到着。イミグレーション、通関を終え外へ出る。夕暮れ時であり、気温もあまり高くなく快適である。タクシーがしきりに客引きをしている。料金を聞いてみると18ドル位とのこと。ピックアップを頼んでおいたホテルの車が来ていないか周囲を捜すが見当たらない。仕方が無いのでタクシーに乗る。ホテルには15分ほどで到着。料金は15ドルであった。
 部屋は707号室、以前は8階の一部に客室があったが、事務所に貸しており客室では7階が最上階となる。屋上にアンテナを立てさせて欲しいとお願いしたが、責任者がいないということで、OKはお預けとなった。
 とりあえずバルコニーにグラスファイバーのポールを使って7MHzのダイポールを上げることにする。バルコニーの手すりにポールをくくりつけ、片方のエレメントを垂直に垂らす。もう一方のエレメントをバルコニーの端の方へ引張る。この状態で7MHzと21MHzはアンテナ・チューナーを使わなくてもバッチリ。チューナーを使えば28MHzまで全バンドでうまく働いてくれる。
 2月13日、0925UTC、7MHzでCQを出す。まずJF2WXSが呼んでくる。その後、JAのパイル・アップになる。建物よりアンテナが低いのでうまく働くか心配であったが、そこそこ飛んでくれるようなので、30分ほどで40局ほどとQSOして食事に行く。


AA5K/AH2 のログ 最初のページ


 街には日本食や中華料理の店が多く、観光客も日本人ばかりという感じである。他の店も覗いてみたが、かなり物価は高いようである。
 ホテルに戻り各バンドをワッチする。14MHzが開けているようである。1120UTCに14MHzでCQを出す。JQ1SAO、BV7FF、JA1JYZと続けて呼んでくるが、その後はヨーロッパの局のパイル・アップとなる。グアムもヨーロッパの局にはモテるようである。1320UTCごろまでに120局ほどとQSOして7MHzに変わる。ここではJAとW、ヨーロッパが同時に呼んでくる。建物の影になって飛ばないと思っていたアメリカ方面からも呼んでくる。1520UTCまで220局ほどとQSOして第1日目の運用を終わる。

旅行の準備
グアム第1日目

TOP    NEXT    目次

MENU