======== AHC NEWS #39 ========
( 2003年6月20日発行 )

★「KANHAM 2003」成功裏に終了

 

   6月14日(土)・15日(日)に大阪府池田市の 「池田市民文化会館」第8回「関西アマチュア無線フェスティバル」(KANHAM 2003) が開催されました。

    大阪地方は数日前に「梅雨入り」が宣言されており、 両日ともあいにくの空模様となりましたが、5000名の来場者があり、 盛会裏に終了いたしました。


「池田市民文化会館」

   AHCも机一つの小さなブースですが、 「アクティブ・ハムズ・クラブの活動の紹介」・「ダイレクトQSLサービスの紹介」・ 「ホームページの紹介」・「メンバーへの到着QSLの手渡し」・「VY1JAのQSLの発行」 などを行い、当クラブのPRを行いました。

   また、メンバーの皆様も多数ご来訪いただき有り難うございました。


「アクティブ・ハムズ・クラブのブース」

   「KANHAM 2003」の詳細はホームページをご覧下さい。 (URL:http://www.jarl.gr.jp/kanham/)

戻る
 
 

★ARISSスクールコンタクト

 

   6月18日(水)に兵庫県尼崎市の 「杭瀬小学校」ARISS・スクールコンタクト が行われ、国際宇宙ステーションとの交信に成功いたしました。

    国際宇宙ステーション・「NA1SS」のオペレーターは米国の Ed Lu さん。 地上の「8N3ISS」は杭瀬小学校5年生・6年生の代表10名の子供達とコントロール・オペレーター。
二度目の呼び出しに応答があり、以後順調に交信が進み、約10分間に17問の質問のやり取りができました。


「NA1SS と交信開始」

   会場の教室には5年生・6年生の全員160名が、体育館には交信会場の様子を映し出したスクリーンが 設けられ父兄等150名がこの交信の状況を見守りました。


「質問する代表を激励」


「学校長の挨拶」


「尼崎市長の挨拶」


「交信を終わり安堵するOP」

   交信終了後すぐに、交信した子供達が英語で質問し、 英語の先生達が国際宇宙ステーションからの回答を日本語に翻訳して、 交信と同様のやり取りを再現しましたので、 見学した子供達をはじめ全員が緊張感を再び味わい宇宙に関する理解を深めることが出来ました。


「ISSからの回答を日本語訳」


「みんなで記念撮影」

   ARISS運用委員会 委員の安田 聖 氏のホームページもご覧下さい。 (URL:http://jk1zrw.dyndns.org/success.html.ja)

戻る