======== AHC NEWS #24 ========
( 2000年12月15日発行 )

★AO-40打ち上げ成功。しかし・・・

 延び延びになっていました Phase III D が11月16日に南米フランス領ギアナから打ち上げられ、所定の静止衛星へのトランスファー軌道に投入され、「AO-40」と命名されました。
 その後搭載機器の各種テストや軌道変更の準備が行われ、12月11日に第1回目の軌道変更が行われましたが、所定の時間より3分間長く燃焼したため、遠地点が60000kmと予定より10000km高くなってしまいました。(これは今後の軌道変更の時に修正が可能で、あまり問題にはなりません。)
 ところが、12月13日になって 145.898MHz のビーコンが止まってしまいました。(435MHz のビーコンは打ち上げ時から動作していません。)コンピューターのクラッシュが原因で、内蔵のプログラムによってコンピューターがリセットされ、復活すると期待されていますが、先行きは多難なようです。(その後、12月25日に2.4GHzのビーコンがコマンドによって復活し、各種動作のテストや軌道変更への作業が進められています。)

 

 

★2008年大阪オリンピック招致PRシール

  (残念ながら招致はなりませんでした。ご協力有り難うございました。)
 2008年オリンピック開催地の第一次選抜で大阪市が選ばれたことは、テレビ、新聞紙上などでご存知のことと思います。
大阪オリンピック招致委員会では、東京で開催されたオリンピックに続き、是非、大阪でも開催されることを祈念されております。しかし、マスコミ関係のリサーチでは、選抜された他の都市に比べて大阪市の知名度は、海外で低いとも報道されています。
 招致委員会では、海外のハムの方々に日本の大阪が2008年オリンピック開催地に立候補していることを知って頂く為に、海外局に発行するQSLカードにオリンピック招致PRのシールを貼って頂ける方を募集されています。
 招致PRシール(見本参照)は、約1.5cm角の大きさで1シートに120シールです。
 ご希望の方は、コールサイン、氏名、郵便番号、住所と送料(3シート分)として120円切手を同封し、下記招致委員会事務局まで申し込んで下さい。一般の方からの申し込みと区別する為に必ず『QSLカードに貼るシール希望』コールサインを記入して下さい。

  申し込み先
   〒540-6318  大阪市中央区城見1-3-7  IMPビル18F
                財団法人  大阪オリンピック招致委員会事務局 
                  担当:事業部広報課  棚瀬 様      宛です。   

 
 デザイン: